泌尿器科

01 地域のニーズに合わせた泌尿器科診療

おしっこが出難い、尿の回数が多くて困る、尿が赤い、陰部にできものができたようだ、尿路感染を起こした。あるいは健診でPSA(前立腺特異抗原)の値が高いと言われた、尿潜血を指摘され受診を勧められた。このような時に泌尿器科の専門医による診療が必要です。当院では、十分な検査機器と入院設備を用意し、専門知識を持ったスタッフがわかりやすく患者さまとご家族へ診療を提供します。

02 病気を正確に
診断するための工夫
患者さまが抱える病気の正体が何であるのか。その病気を抱える患者さまが多いものに関しては、ガイドライン(医療における指針)で推奨される検査法が決まっています。当院では、患者さまの症状別に検査のセットを作成し、病気の診断を早くつける工夫をしています。初診の患者さまは泌尿器科専用の問診票に記載をして説明を受けて頂き、その日のうちに検査を行います。当院では、超音波診断装置、膀胱鏡、尿流測定装置、残尿測定機器、CT、MRI、透視装置、血液検査装置などの豊富な検査機器を揃え、目的に合った検査を患者さまへ勧めます。

03 専門的な手術治療
当院では膀胱癌や前立腺肥大症の経尿道的な手術と治療を行います。また、腎摘除術や腎尿管全摘除術などを、腹腔鏡を用いて行います。ただし、ロボット支援手術等の高度な治療を必要とする患者さまについては、十分な検査と説明を行なった上で連携している大学病院等へ紹介いたします。その他に当院では包茎や陰嚢水腫、精巣腫瘍の手術、透析シャントなどの手術を行います。

04 医師紹介

小野田 充敬(おのだ みつたか)

経 歴

2018年福島県立医科大学 医学部 
泌尿器科学講座 国内留学
2019年まで岩手医科大学 医学部 
泌尿器科学講座 助教

資 格

医学博士
日本泌尿器科学会 専門医

所属学会

日本泌尿器内視鏡学会
日本排尿機能学会
日本癌治療学会
日本透析医学会